2018.08.18

どんな仕事か知ってほしくてブログを書いてみました

ホームヘルパーは、家政婦やお手伝いさんなどが行なう家事代行と同じような位置づけに考えられ易い職種ですが、一般的な家事代行とは全く異なることを知っておきましょう。

ホームヘルパーの仕事は、入浴や食事などの身体介護をはじめ、掃除や洗濯、買い物などの日常生活に必要となる生活援助がメインとなり、ホームヘルパーが運転して病院などへの通院の介助も行ないます。

生活援助においては、あくまでも要介護認定を受けている利用者のための、食事の準備や洗濯を行ない、ついでだからといって同居している家族の食事や洗濯などは行ないません。

掃除もしますが、大掃除や庭の草刈りなどの大がかりな家事は、支援の対象外となるので、一般的な家政婦などの仕事とは大きく異なります。

利用者へのサービスの提供については、ケアプランを作成したケアマネージャーや具体的な指示をするサービス提供責任者との連携が必要となり、利用者とその家族と相談のうえ決めていきます。

訪問介護を実施している間に、状況が変わったことからサービス内容の変更を行なう場合には、サービス提供責任者に伝え、改めてケアプランを見直す必要があります。

ホームヘルパーは、身体介護や生活援助のほかにも、外出ができずに沈みがちな利用者には精神面でのサポートや普段の介護について家族へのアドバイスも行なわなくてはなりません。

そのため、ホームヘルパーは利用者にとって最も身近な存在として、良い信頼関係を築くことも大切です。

良い信頼関係を築きつつ利用者への介護や家族への介護アドバイスをしたり、身体介護生活支援を行い利用者の生活機能向上を図るため、やりがいと魅力のある仕事であることは間違いないでしょう。

なので、もっと詳しくホームヘルパーのやりがいと魅力を知って、働きたいと思えたら是非ホームヘルパーを目指してみてください。